ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

左膝のケアをしてヒルクライム

2015.06.13

コメントは受け付けていません。

RIMG9211

梅雨の中休みと言うのだろうか?本日は1日中天気が良いとの事

 

土曜日でもある事からみなさん出かけられる事だろう、私はいつのもの様に仕事であるがこうして朝のサイクはリフレッシュのひと時でもある

RIMG9229

こうして夜明けの美しい朝焼けを観ながらペダルを回すのは楽しい、そして本日は2名でさんわ182ステーションへ登った

 

今日は追い込まずに景色やお喋りを楽しみながらヒルクライムを堪能しようと決めた

RIMG9234

さて今朝の気温は格別に高い、AM5:00の時点で17℃もあり山頂付近の最低気温を記録する姫谷辺りでも15℃はあるのだ

 

なので今日は1枚脱いでサイクルジャージ+半袖アームカバーと言ういでたちにて臨んだのは正解だった、どんどん補給水が無くなるのも頷けるの・・・

RIMG9236

そんな楽しいサイクに夢中になってしまい過ぎ大切な事を忘れてしまった、実はiphoneのアプリを起動しないで走ってしまったのだ

 

何がいけないのか?毎日記録を取っているのでとても残念、以前は面倒なので記録していなかったしかし成長を記録したりトラブルなどを見える数値化にする、これはとても大切でもあり一旦やり始めた事は継続しないと

RIMG9242

大方帰路に差し掛かった辺りで気付いたのも何か意味があると思い考えを変えた、とことんのんびり帰ろうと考えたのは左の膝にやや違和感が残っているから

 

昨日縫工筋や薄筋の停止部(膝の内側やや下方)に痛みを感じたのでセルフケアを行う、そのお蔭で本日はかなり楽でダンシングも問題なかった

RIMG9243

基本的にはこうなると安静が必要となりサイクを一時やめるのが本当だ、しかしながら何とか鍛えながら更なる膝関節へのレベルUPを図りたいので様々なケアとその他でカバーリングを試みたい

 

その結果をまたこのブログなどを通じてシェア、同じ悩みなお方のご参考になれば幸いだ

RIMG9240

登頂した際にSNS用にこんな写真を撮る、実はそこにこうして毎日でも週一回でも継続しようと言う意識の高まりが隠されていた

 

たったこれだけの事を行いに往復45km近い距離で12km 平均6%以上で獲得標高1,000m近い勾配を登る、理由は楽しいから継続出来てそれを伝播させると言う理由からは至って簡単で明快だ

関連記事

コメントは利用できません。