ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

ズボンの裾が引っかかる

2015.06.11

コメントは受け付けていません。

RIMG9135

昨晩の予報ではAM5:00から日中に掛けて梅雨らしい天気になる

 

そんな予報が的中するかの如く本日の福山市新市町は霞んでいる、そんな時も決めた事は貫く!今日もMERIDA TFS900 MTBを相棒にいつもの雨ライドコース28km 獲得標高565mへ行く

RIMG9137

細かく言えばAM4:50に院を出た時にはこのように路面はドライのまま、しかしこの撮影の後すぐに大粒の雫が私の顔面めがけて降り注ぐ事になった

 

雨は視界を遮るから少し困る、なのでいつもは飛来する虫や埃などからガードするスポーツグラスは水滴保護に早変わり

RIMG9144

もちろん準備万端なのでいつもの様に合羽を着用、足元は長靴と言う完全装備にての雨中ライドは何ら問題ない

 

それをまるで試すかの様だ・・・ふと横目に田んぼを見下ろす、すると無数の雨粒が容赦なく稲めがけ連続していた

RIMG9141

もちろん路面の色も薄いグレーからダークグレーを経て真っ黒に変色する、その漆黒はやがて艶がある光沢から鏡面へ変わるのだ

 

そうなると下り坂などは神経を注ぎ滑らないように安全運転で行く、それも経験で学びになると言うものである

RIMG9156

さてそんな雨の日やはり足元は長靴なのだ、先日も雨中ライドの際左足の異常を感じた・・・それは膝内側の違和感とやけにペダルから外れる足である

 

痛みの方は昨日もケアリングを行い問題ないのだ、そしてもう一つの問題はペダルから足が外れる事なのだ

RIMG9162

少し余計な話にそれる、実は合羽を愛用しているとどうしてもズボンの裾がペダリングの邪魔になるのだ、そう・・・フロントのスプロケに引っ掛かり汚れる

 

もちろん100均へ行けば裾止めが販売されているので買えば問題ない、普通ならそう思うだけなのである、実はもうひとつそこに気づきがあった

RIMG9167

「どうしてもつま先が外に向き外旋」その事に気が付いたのだ、特に左の裾が良くフロントスプロケットへ引っ掛かり思わず「あっ!」そんな感嘆詞がつい口から出る

 

そこで少し内股になれるように気にして乗って見た、すると裾止めバンドが無くても頻度が減少したのと同時に足裏が本日は離れなかったのだ

RIMG9155

と同時に母指球にクリートが当たって「こりこり」した感じが長靴のソールを通して感じられる、体重がそこに乗っている感じで心地よいのだ

 

但しやはりその感覚が左足底に少ない、今後はそんな事に気を付けて見たいとしみじみ思うのであった

RIMG9163

雨はやまない・・水滴や自分の熱気でこもってしまったスポーツグラス越しに景色を覗く、すると曇って景色の稜線がぼやけてしまう

 

しかしながら一旦要らないものを少しづつ覗けば真の姿が見えて来る、健康でもそうだが諦めずにひとつづつ固定観念を外していくと案外見えてくる場合もあるのだと学んだ

関連記事

コメントは利用できません。