ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

寒の戻りだから広瀬ヒルクライム

2015.04.09

コメントは受け付けていません。

RIMG0720

「これは2~3日中に雨が降るなぁ・・・」

ぽっかり空に浮かんだおぼろ月で思わず独り言が口元から漏れた、10日(木)最低気温0℃の中をGIANT TCRを駆って広瀬山頂を目指した

RIMG0730

ここ最近暖かかったその時からは気温落差が10℃以上、この体感は周りにいる方々の口を揃えさせてしまう・・・「寒いね」

 

同じく私もそう感じてしまった、しかし一旦サイクルジャージに袖を通すと背中にピンと一本の針金が入った!そんな気分になる

RIMG0741

そしてその寒の戻りはいたずらにも周りの景色の透明度を上げてキラキラさせる、一概に寒いからと言って忌み嫌うのは私たちの固定観念や立場保持の都合の様に感じてしまう、だからその殻を破るのは環境を楽しむおおらかさと行動力で打破する

 

さて本日は久しぶりの広瀬ヒルクライムにて朝のスタートを切る事が出来た

RIMG0753

やはり広瀬の平均8% 登り6kmは心と身体を鍛えてくれる、要するにしんどいのだ・・ついギヤを軽いものに落とそうとする弱い自分に向き合えるのだ

 

どうせ乗るなら速くなりたい気持ちはあるが「軸」は毎日続ける事であるから敢えて重いギヤを踏んで山頂を目指す

RIMG0761

日の出は早くこの中間地3kmの所まで来ると既に太陽が山波から顔を出していた、遂にAM6:00より早くなった日の出時間であるから山頂では間に合わない

 

日の出が早くなったと言えば・・最近よくイノシシを見かける様になった、しかも通常なら薄暗い時間帯なのだが・・・

RIMG0763

先日など福山市立動物園や福山市後山公園の道路上で真昼間から闊歩しているイノシシを発見

 

昨日や今日と言い寒の戻りで0℃を記録、しかしこんな桜も咲き誇りすでに下界では散り季節の経過は暖かさを物語る、彼らも食べ物を求め彷徨っているのかもしれない

RIMG0768

そしてこうしてほぼ年中毎日の様に広瀬山頂に出向く私たち、イノシシにとっては食事時間を邪魔する輩かも知れない

 

しかしどんなことがあろうともこの習慣を続けて行きたい、そして軸を貫き仲間とそれを共有したいと考えるのはメンタルも身体にも好影響を与えるからだ

関連記事

コメントは利用できません。