ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

濃霧の広瀬で何を想う

2015.03.17

コメントは受け付けていません。

RIMG6400

AM6:25分には広瀬中腹からも朝日が望める季節となった

 

随分と早くなった日の出時間は院を5:30に出てもその瞬間に出会えなくなって来た、それだけ春本番になった証拠かもしれない

RIMG6335

今朝は物凄い濃霧で3m先が見えない中広瀬山頂目指したのである、その時にサングラスが水滴で視界を遮り見えなくなるくらい空気の水分が多い

 

はたまたサイクルジャージ生地の表面にも水玉が出来たのはさすがに驚いた、防水してあるので当然と言えばそうであるが・・

RIMG6346

しかし幻想的でちょっぴり素敵だった、しかし帰宅後自転車の掃除も大変である

 

駆動部へ付いた水滴はどうしても金属へダメージを与えかねない、濡れるのは良いがその後の後始末にて劣化の度合いも異なる、そんな所も私たちの健康管理に少し似ているのは自然の摂理かも知れない

RIMG6356

やはりダム入口も相当な濃霧である

 

下界がこれだけ濃霧であっても山頂は霧が晴れる事が多いのである、山に当たる風向きにも影響されるのだから雨予報でなくても降る事さえある

RIMG6360

今日はどこを眺めても素敵な感じがする

 

いつもと同じ風景なのだがこうも違うものか?とこれだけ毎日登っていても飽きないのだから・・・不思議である!

RIMG6403

さて本日は帰宅途中にあるいつものパン屋さん福山市駅家町の「sogii」さんへお邪魔した

 

ここのパンは私やサイク仲間のみんなも好きである、広瀬ヒルクライムの帰りにはいつも寄るのだ

RIMG6402

こうして早朝ヒルクライムを毎日続ける!そんな目標を立ててからもうすぐ1年、あっという間の時間経過に感じるのはこうした楽しみや仲間のお蔭であるから感謝しなければと思う

 

そうして今日はそんなパン屋さんに少しご無理を言い私の名刺を置かせて頂いた、少しでもお身体のお悩みについてお手伝い出来たら嬉しい、なんせ自分に負けない軸を作る為に毎日負荷を掛けるのはこの為である!

関連記事

コメントは利用できません。