ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

先ずは基本に立ち返る

2015.03.07

コメントは受け付けていません。

RIMG5948

7日(土)本日は雨からの福山市新市町となる

 

実は午前1:00に目が醒めた際に外から聞こえる雨脚に耳を傾けながら覚醒と睡眠の狭間を往復していたのだ

2015-03-06 19.55.30

さて最近特に自転車へ対してパフォーマンス低下が冬季特性のものと思われた、しかしながら単純に自分のフォームが変わっていた事に気が付いてしまった

 

そう「アンクリング」である、いつも以上に足首をやたら使いペダルを回す事に気が付いた、特に上死点から15分の位置に至るまでにペダルの荷重に負けて足首が反ってしまう(背屈)

RIMG5812

だから坂に差し掛かっても一向にスピードが上がらない気さえして来た

 

まずは基本に立ち返る!その背屈しないクリート位置を再度探す事を決めた、そしてローラーにて試すが一度にペダリングしても左右の差が分かりづらい故片足ペダリングにて負荷状況を感覚ではあるが確認する

RIMG5946

確かにアンクリング自体は治まった、しかしながらやはり実走でないとパフォーマンスや疲労度の改善は判らないので後の楽しみという事にしておこう

 

さてこの画像は走行後に行うストレッチの一部である、椅子を利用したこのくらいのストレッチならどなたでもご存じだと考える・・・しかしながら膝のお悩みなどに有効だと書けば皆様の目線も変わるだろう、こんなお悩みも先ずは関節可動域の正常化で先ずは基本に立ち返る

RIMG5944

実は私もあまり追い込み過ぎると膝の痛みが出る、その際にこんなストレッチを念入りに行うと楽になるので紹介する

 

臀部や内腿(内転筋群)を弛緩している、特に内腿を弛緩すると膝の内側の痛みに対して予防となる

RIMG5945

これは外側の靭帯や筋肉を緩めている、おもに腸脛靭帯などを弛緩するのでランナーズニー(腸脛靭帯炎)と言う膝外側の痛み予防に良い

 

ほかにも運動後の静的ストレッチを行う、目的の場所を延ばした状態で約16秒程度静止するのだ!そして毎日の継続である

 

注意点は必ず”運動後”に行う事、運動前は静的ストレッチを余り行うと弛緩しすぎて本来の筋能力低下および怪我の元にもなりかねないからだ

関連記事

コメントは利用できません。