ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

鍛える事、繰り返し行う限度

2015.02.25

コメントは受け付けていません。

RIMG5729

第四水曜日本日は休みである

 

という事で広瀬ヒルクライムは30分遅れの6:00発となる

RIMG5735

もちろん基準は早起きなので起床はいつも通りAM4:00でそこは手を抜かない

 

実は遅めの出発のもう一つの理由として昨晩ヘッドライトを充電していなかった事もあるのだ、明るい時に広瀬へ行くのは余りないので本日はs-worksで行くことにする

RIMG5737

暗いと分からない事も明るいと鮮明になる、最近坂があまり上がれていない感や脚への疲労感が半端ないからスピードが出ていないのだろう・・・

 

そんな予想でサイクルコンピューターへ走りながら目を落とす、すると夏より時速2km程度遅い13km~14kmでしか登れていない事が判明した

RIMG5739

ただフロントアウター×リア3枚残しにて上がるのは非常にキツイ、1枚軽くしてケイデンスをUPすればもう少し出るのかもしれない

 

しかしながら今は大腿部の成長を期待して負荷を掛け続けて見たい、と同時にゆっくり回してケイデンス全域がトルクフルな状態か確かめたいのだ

RIMG5745

このWorksは60mmのカーボン製ハイトリムを履いているので時速35kmを越えてのフラットは楽なのだ、本来は無駄のないパワーシッティングにてのペダリングならヒルクライムにも行けるとの自転車さんのアドバイス通りの脚力が付くように負荷した

 

ただ何でも限度はあるものだ!今度はヒルクライムをした後の下りがどうしても気になる、連続してブレーキを掛けれないと言うのもカーボンは熱に弱い

RIMG5749

余り連続して掛けてしまうと変形してフレの原因になる可能性は否めない

 

人間の関節でも自転車の部品でも余り同じこと、その繰り返しや連続と言う負荷は好ましくないのだ

関連記事

コメントは利用できません。