ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

膝の痛みを予防するペダリングをする

2015.02.16

コメントは受け付けていません。

2015-02-16 04.28.21

自動車のメーターが外気温2℃を示していた

 

16日(月)本日はお天気下り坂とはいえ氷点下にならない早朝AM4:00は非常に暖かい、まさに春の兆しである

RIMG5502

そんな春めいた風を受けながら本日も広瀬山頂にGIANT TCRで向かった

 

今日は昨日乗ったS‐Worksとの比較ライドをして見た、詳しい事は初心者の私には良くわからないが確かに車体重量も軽くホイールまでカーボンハイトリムのWORKSはやはり平地やゼロスタートが断然早い

RIMG5478

そのWorksはこれなのだが昨日も強風の中往復約60km程度サイクリング、福山市鞆の浦へ言って来たのだ・・ピンと来なければ「流星ワゴン」のロケ地と言えば皆様も頷くだろう

 

さて海岸沿いの道は走るに気持ちいいが春の強風が凄まじい、前に進むのがやっとで幅の広いホイールは横風を受けると前輪の舵を邪魔するほどだ

RIMG5472

しかし一旦風が凪ぐと約35km~40kmの平地巡航で軽く問題なく走れるのが驚きでもありTCRとの大きな違いである

 

楽に勧めるという事は膝などにも過負荷が少ないという事で間違いない

RIMG5516

対してのTCRも脚力があればそこそこ行くのだが・・・そこで気が付いたのがやはり綺麗に回す事である

 

本来ならお金を掛けて「パワーメーター」なる機材に頼れば良い所である、しかしながらホビーサイクリストにはそこまで必要ないのでペダルの底へまるで手を入れて痛くないような踏み方を心がけて登る

RIMG5517

そうすると引き足から踏み脚への転換期に於いて大腿部へトルクが掛かっている状態なのが分かる、これを常に意識すると脚力が少しでもUPする感覚

 

毎日これを広瀬ヒルクライムで試して行きたいと思う、脱ガチャ踏み(力任せ)である!

関連記事

コメントは利用できません。