ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

スマートホンの活かし方

2015.02.08

コメントは受け付けていません。

RIMG5208

8日(日)本日は初めての山サイクリング体験である

 

実は昨年トライしたのだ、しかし1本橋やのり面で下は溝と言う高所恐怖症にはたまらないロケーションだったので引き返す、まさに本日はそのリベンジであるから自分に負けられない

RIMG5211

ある意味修行の様なサイクリングであった、毎日の広瀬ヒルクライムも大切だが仲間からのお声掛けで前に引っ張ってくださるお誘い、どこにも断る理由などないのであり成長できるきっかけは嬉しく思う

 

またその「出来ない事」を克服する事により自身の壁を打ち破る、ジョグや自転車に出会う以前の私はこれを全くしない尻込み男だった

RIMG5212

さて想いを込めたペダルを回す自宅から自転車全速力で約25分、集合時間はAM6:30だが敢えて早目に45分前自宅を出た

 

遅れるのが嫌なのもあるがこうして止まりながら夜明け前の美しい色彩を楽しむのも好きだから、なかなか自動車ではこんな気分にもならないし急に止まる事すら叶わない

RIMG5230

「ホツホツポツ・・・」

 

集合場所に辿り着いた途端に空から招かざる者が降って来た、そう雨である!結構な量が降るのでメンバーみなさんが各々の携帯で雨雲レーダーを検索、通り雨と判断したので山へ向かう事にした

RIMG5239

7台分のブロックタイヤが路面をわしづかみする音が静寂の早朝に響く、あっという間にお喋りしながら山頂に着いたのだ

 

本当に仲間は大切だ、前記でも触れたがとてもじゃない高所恐怖所の私がこんなところまでましてや自転車で登れない、こうして信頼できる仲間が居るから先に進める

RIMG5237

健康管理もそうである、ひとりで行うよりもその事が習慣化されるまで仲間と情報や近況を交換しながら行うと良い、励ましにもなるし楽しくもある

 

運動で例えると「今日はどれだけできたか?(量・距離)」「どんな事をおこなったか?(種類)」など交換する、最近は運動アプリやSNSでの数値共有もすぐ可能なので利用すると楽しみとしても習慣化されるのだ、そこでスマートホンの良さが発揮できるというものだ、もちろんこのメンバーさんと出会ったのも最初はSNSなのを付け加える

関連記事

コメントは利用できません。