ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

様々な運動をするのは子供の落ち着きの無さと同じ?!

2015.01.22

コメントは受け付けていません。

RIMG4835

AM6:00院の鍵を開けてノルディックポールを道連れに庭へ飛び出した

 

本日は昨夜の雨の残りとも言えるが如くパラパラ雨、そんな日は思い切って自転車を置き休脚日にするのが身体にとってもバランスが非常に良い

RIMG4829

本当のところは昨晩の天気予報の通りであれば今朝の2:00頃で止み雲空の予定ではあったのだが・・・自転車を眺めながら少し後ろ髪引かれる感もなきにしもあらず

 

しかしコンパクトデジタルカメラをお供に近所の福山市新市町内にある御池に辿り着く、素晴らしい景色が眼下に広がるとそんな思いも吹っ飛んだ

RIMG4837

昨日は早朝&お昼と2回ヒルクライムしたので結構脚が疲労萎縮している、特に大腿四頭筋や大腿筋膜張筋・腸脛靭帯など

 

ほかには腓腹筋やヒルクライムでの引き足を意識したお腹の中にある大腰筋・小腰筋で股関節を曲げる動作に使って結構疲労だ、その中でも特に腸脛靭帯を固めてしまうとランナーズ・ニーになってしまうので要注意を皆様にお伝えしたい

RIMG4841

さてノルディックウオーキングと言えばやはりそんな時に「ウォームUP&クールダウン」のストレッチが有効である

 

動的&静的(伸ばした状態で静止)ストレッチにて関節の動きを萎縮した筋肉での制限から開放される、その事で痛みや疲労からさえも好転の兆しが伺える事もあるから本番のノルディックウオーキング以上に素晴らしい事を声を大にしたい

RIMG4811

なのでひとつの運動に拘らず身体を動かすことは身体機能向上以上の保健衛生の面でも良い

 

一番わかりやすいのは”なぜ子供に落ち着きがないのか?”それは成長過程にて色んな経験値を積むと同時に様々な運動で身体を整えながら成長させる為だとも言う

RIMG4826

そんな子供達だが最近はどこでもスマートホーンを片手に下を向いたままいくらでも長い時間触っている、これは頚椎や胸椎を前屈させ背部に過負荷を掛けている

 

それは中年の私たちにも言えることでSNSなどを楽しむがあまりつい前記のようになる、人との会話も少なくなりメールが横行しじっとしていても物事が動く時代、これは落ち着きがある?とは到底いえない・・肩こりや首の痛みの低年齢化などがこれから増えると心配だ

関連記事

コメントは利用できません。