ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

登頂完了のポーズは本気で生きる証

2014.12.04

コメントは受け付けていません。

今朝は雨、残念ながら昨日の天気予報通りであった

 

それでも僅かな期待を持っていたが最近の予報はかなり正確である、という事で本日は少し早いが今年の振り返りを脚休めを兼ねて行ってみた

26 - 1

いつからこんな事を始めたのか?詳細は覚えていないが今年5月か6月頃だと思う、自転車で福山市加茂町字北山(広瀬)に登るようになった頃からこの様なポージングを行う様になった

 

実の所このころは本当の山頂には登っていなかったいや辛くて登れなかったのである、四川ダムを越えてもうひとつの坂を登り切った左コーナーの景観地がある場所で体力も気力も使い果たす、しかし毎日健康維持と自己の目標達成のために精神修行も兼ねての登頂であったのだ

R0020465

もちろんたったひとりで正直毎日が苦痛、しかしながら何とかしてこの仕事も家庭も守りたい一心から自己革新を行う為にも色んなポージングを取って辛いヒルクライムも楽しい事に変えた

 

そしてfacebookへ投稿して自己啓発のつもりでみなさまに診て頂く、その事で毎日を宣言!継続する事へ追い込んだのである

R0020581

8月5日の朝、忘れもしないこの日

 

初めて広瀬への仲間が出来たこのお方のお蔭で現在継続出来た私が居る、そしてこの日を境にfacebookのサークル「四川ダム警備隊」が誕生!色んなお方との出会いやこのポーズが意味を更に持ち始めた

RIMG0453

8月23日その日以来どんどん仲間が増えた

 

勿論目的は10人十色である、楽しいから登る人・・何だかへんてこなポーズが気になるから登る人やレースで勝ちたいからヒルクライムするお方、このサークルは全くの縛りも無く自身の意思に従い自由だという事も良かった

RIMG0472

8月24日福山後山公園へも遠征した

 

ここでのヒルクライムされるサイクリング仲間のみなさまともこんなポージングをさせて頂いた、たった最初ひとりで始めたポーズが広まるのがまるで意思が伝播する様で嬉しかったのを覚えている

IMG_8242

来る日も来る日も毎日続けた・・

IMG_8244

8月27日忘れもしないこの日は帰りに小雨に遭う、そのお蔭でこれから始まる未来を転換するが如くこんな虹にも出会えたのだ

 

まるで継続を行っている事でチャンスが天から舞い降りたような気持にさえなった夏のとある日

RIMG0588

四川ダム警備隊へ毎日の近況をUPする事でそれから雨が降ってもヒルクライムするようになった、たったひとりでも何だかいつも誰かに見られているようで手が抜けない心地よい緊張感

 

これほどまでに人に見られるという事は自己を追い込めると学んだ

RIMG1674

10月7日いつの間にか季節は夏から秋に代わっていた

 

この頃から空も秋の装いで天高く蒼く澄み始めた、そんな美しい景色をバックにこのポージングにも一層力が入る

RIMG1758

10月10日かなり日の出が遅くなりこの頃から寒さを感じだした、380m程度ある山の天気は麓は降雨が無くても山頂付近は霧雨などの天気の違いを体験した

 

着るものも工夫が必要になり「臨機応変」が問われるようになる、変化対応力を学んだ気がする

RIMG2005

時には誰も登らずご近所のサイクリストさんでニックネーム”長老さん”2名だけで登る事もあった

 

ちなみに長老さんは71歳の男性、私と夏頃からほぼ毎日ヒルクライムを共にしてくださった猛者である

RIMG2978

11月18日めっきり朝が遅くなりAM6:30になっても日の出が拝めなくなる

 

それでも凍結するようになるまでは毎日登ると決意した

PB230697

11月23日人生初のロードレースに参戦した、ライダーin三朝温泉である

 

そのカテゴリー男女混合スピードレース4時間耐久に見事5位入賞を果たした、これも毎日継続して広瀬へのヒルクライムの成果だと確信した!

RIMG3371

そして11月を経て師走を迎え今年も最後の追い込みである

 

どれだけたくさんの事を行いそして目標を達成したか計る年度末!みなさまと過ごさせて頂いた日々は決して無駄にはしないのである

関連記事

コメントは利用できません。