ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

私達も自転車もメンテナンスすれば動きが軽くなる

2014.10.28

コメントは受け付けていません。

RIMG2238

「顔が冷たいのぉ」「手がかじかむ」

 

そんな会話が飛び交う中、本日も広瀬の山頂を目指して2名のサイクリストはペダルを回した

RIMG2237

28日(火)福山市の最低気温は10℃との事であるが私たちの向かった先は標高380mの山で更に奥地、多々条件も重なったのでそれ以下の気温だったと思う

 

因みに神石では4℃だとか・・その中間で体感は手先の自由度も少なくなるくらいの冷たさで6℃くらいに感じた

RIMG2245

さて本日は特に課題も無いのであるがいつもの様にフロントアウター&リアを6段にて登坂した

 

あえて昨日と違う事と言えば「清掃」した事である、清掃&点検は凄く大切で掃除をするとペダリングも軽くなり確かにスピードも乗る

RIMG2257

「ガチャガチャ」と音を立てながら起こす変速動作も清音になり気持ちが良い

 

清掃すると各動作部分の動きの邪魔である余計な粘着性の油粕や砂ぼこりなどの過負荷が減少するから当たり前のことである

RIMG2280

実は私達に於いても同じことが言えるのではないのか?

 

私達の体で動きが悪くなると言えば「関節」ではある、実の所筋緊張が原因でその関節の動きを制限している事が多々ある、その部位をまるで掃除したかのようにストレッチなどで筋弛緩をしてあげると関節の動きは好転する

RIMG2284

そうなれば前後左右のバランスが整うので動きやすくなる、自転車で言えば速く楽になるのと同じ

 

自転車では動きが重く鈍くなれば漕ぎ手に負担が来るが私達人間では痛みとなり帰ってくる、いずれにせよ筋道が立たない事は機械であれ生き物であれ弊害を呼んでしまう、なのにメンテナンスとなると尻込みしてしまうお話を伺うと残念他ならない

関連記事

コメントは利用できません。