ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

多めに力が入る軸足の見分け方

2014.10.24

コメントは受け付けていません。

RIMG2092

「シャーーーッ」

 

AM5:15頃、6台の自転車が次々と真っ暗な広瀬を突き抜けながら山頂を目指す

RIMG2104

今日も雲海の中へ昇りゆく朝日に出会いたくてそれぞれの想いを胸に目的地へ着いた

 

今日も私はフロントアウターでリアを7段にて山頂まで登りきる事、ケイデンスより楽に正確に回す為の力を抜いたペダリングで精度向上を狙う

RIMG2102

実は時折重いギヤでヒルクライムを行うと左膝内側への痛みを覚える、内転筋の過緊張を併発しての膝の痛みを起こすのだ

 

この事からも左への負担が右よりも大きい事が言える、実際に大腿部の太さを比較しても左側が優位である、みなさんはこんな悩みを抱えていらっしゃる?など考えを巡らせながら集合写真を撮る

RIMG2121

それは強化が必要だ!右側大腿部と大腰筋・小腰筋の鍛錬と内転筋のトレーニングが必要など巡らせながら登りゆく朝日を拝みつつ・・

 

その時ふと思い出したのが「ジョグ」や「ノルディックウオーキング」を行った翌日の脚の状態である、実は何となくだが自転車が非常に調子良いのである、それは左右のバランスが揃うのではないのか?そうも考えられるのは運動種が変化して部分的な過負荷が解消、弱化していた筋力へ乳酸が溜まり成長しているせいなのか?

RIMG2108

さて、今朝は暖かいコーヒーをごちそうになりながらの日の出鑑賞となる

 

こんなご配慮など寒い朝には非常に嬉しい!感謝である!!

RIMG2139

ぐんぐんと太陽がお山から顔を出すと鳥たちも活発に動き出したようだ、全てが目覚める瞬間に出会えこちらも元気が出てしまう

 

暖かいコーヒーを口に含みながらサイクリスト達はまた明日の朝を密かに楽しみにされているのだろう

RIMG2143

関連記事

コメントは利用できません。