ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

毎日登り6km下り6km平地23kmで全長35kmのサイクリング!

2014.10.21

コメントは受け付けていません。

RIMG1998

新市町から駅家を抜けて神辺へ、広瀬入口は先ほどまで降雨があったのだろう路面はみずみずしい

 

21日(火)本日の天気予報は「曇りのち雨」いつ降ってもおかしくない状態である

RIMG2002

しかしながら携帯でウエザーニュースを確認、雨雲レーダーを見ると午前9時頃までの予想でお天気は持ちそうだった、よっていつもの様にヒルクライム敢行である

 

流石に曇りだけあり放射冷却もなく暖かな外気、2人で坂を登ったがその際も「あついあつい!」との言葉以外には何も出ないくらいだ

RIMG2005

さて11月に三朝温泉で4時間耐久自転車レースがありそれにエントリーしている、なのでいつもに増して色んな細かい所にも神経を使いながら少しでも平地では高速巡航の秘訣を探す

 

いつもの早朝サイクリングはそれに「持って来い!」なのである、登り6km下り6km平地23kmで全長35km

RIMG2007

それぞれにあるコースの特性を活かし走る事でペダルの回し方、シートへの着座位置や身体の前傾具合や肩甲骨の開放度と腕への過負荷を抜く練習など、考えれば幾らでも出てきそうだ

 

お蔭で最近は力を抜く事を努力している、どうしても登りやスプリントでは全身に力が入り過ぎて股関節~膝~距腿関節(足首)に至るまでの関節の動きを筋緊張(力み)が制限してパワーをロスしているようにしか思えないのだ

関連記事

コメントは利用できません。