ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

高梁ヒルクライムレースの下見ライド(吹屋ふるさと村)

2014.09.29

コメントは受け付けていません。

RIMG1542

おはようございます29日(月)本日も神辺町広瀬のヒルクライムから始まる

今月も残り僅かだが積み残しの無いように一瞬を本気で全力疾走駆け抜けたい

RIMG1495

全力疾走と言えば昨日は「高梁ヒルクライムレース」のコース下見に行ってきた、もちろん私は出ないがサイクリング仲間がエントリーされたので一緒に坂を登る

全長15km 標高398mの山間を吹屋ふるさと村を目指しペダルを回す、実際に走って見ると緩く長い坂が続く感じではあるが毎朝登る四川ダムから広瀬山頂に比べれば足に来る過負荷は大したことはない、しかし追い込みを行うと流石に辛い事とゴール地点にサプライズ発見、そこにはテントが設営されて写真の様にキンキンに冷えたトマトをふるまってくださる!枯渇・疲労した体にはまるでオアシスだ

RIMG1502

さてレースなのでどれだけ心拍を上げて行くのかでかなり難易度は変化するだろうと考えた、なのでペース配分を考えてONと現状維持での体力温存を上手に使うように仲間と話し合った

ここでも実際に並走してフォームに対しての「癖」でもある部分で力が逃げているのが凄く勿体ない、そこで実際の走行写真を写メに収め再度ご本人に確認認識してフォームのチエックを行った

RIMG1531

その事で車体の中心へ重心を持って来て過負荷を減少させて持久力を上げる、レースまでに時間がないので今更筋力UPなど望めないそちらに切り替えた方が効果あると思う、先ずは「無駄」をなるべくしないパワーを捨てない方法

 

ひたすら走り込む・・・とは言うもののこんな素敵な景色の中を走ると自然に観光モードになってしまう、1本登りを行った跡は吹屋ふるさと村を散策した

RIMG1503

街並み全体が昭和初期の雰囲気を醸し出している、その近辺を走るバスまで懐かしい香りのするデザインだ

RIMG1518

さぁ今月も残り2日間である、今月も有終の美を飾りたいものだ

関連記事

コメントは利用できません。