ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

天気が良いと空気も冷たい、長袖で自転車日和もAM4:30から広瀬クライム

2014.09.09

コメントは受け付けていません。

RIMG0854

おはようございます9日(火)昨晩は中秋の名月で今年最後のスーパームーンだとか、9月も半ばを迎えるにあたりそろそろ巷で”今年最後の・・”と言う言葉を聞く事が多くなるのだろうか

 

さて本日もいつものように淡々と広瀬山頂にMERIDA TFS900 MTBで目指す、時間差にてヒルクライムを行った為山頂のみの顔合わせ本日は2名のサイクリストでペダルを回した

RIMG0857

今日は特に朝焼けが澄んでいた今週はお天気が安定しているとか・・・今の所そんな予報である、その恩恵を今朝は噛みしめながらブルーとオレンジのグラデーションに見入る

 

昨日はタイムトライアルを行ったので本日は脚休めのゆっくりライド、少し平地では重めのギヤで回しDHバーを使いTTポジションにて巡航、これも引き足と踏み足のバランスを考えながら腿裏表の疲労感を均等に保ち大腿部と下腿の成長を願う

RIMG0875

AM4:30に院を出発して山頂に上がるとAM5:10くらいになる、そんな時この様な日の出に出会い1日の好スタートが切れるのだ

 

本日は少し肌寒く秋をひしひしと感じる事となる、何故なら長袖の上着を着ていても生足には冷気が当たり寒いこれからはパンツの下も長いのを履く方が賢明だろう、そしてこれからだんだんと冷え込む頃から本当の広瀬クライムにて価値が出る

RIMG0879

何故なら「ただ好き」では継続できない

 

早朝から自転車で35km、しかも登りが6kmもある標高380mの山にヒルクライムアタックをいつまで続ける事が出来るだろうか?凍結などの危険回避は別として寒さ=自分に負けない事が出来るのか?

関連記事

コメントは利用できません。