ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

股関節の直上に重心を位置するとヒトは動きやすくなる

2014.08.18

コメントは受け付けていません。

RIMG0267

おはようございます18日(月)巷で言うお盆休みも終わり今日から平常に戻る、やわらぎでも本日から平常開院いたします

 

さてそのスタートはもちろん朝サイクリングで始める、本日もam4:45に院を出て四川ダム入口に5:15くらいに到着した、実は私以外に仲間達3名がヒルクライムをされているのは知らなかった

RIMG0271

そしてもしかして誰か先に行かれていないか?そんな予感だけはしていたので一心にペダルを回す、実は昨日勉強会であったのでその内容も活かしながらヒルクライム

 

腰椎の前腕による骨盤の後傾を予防・且つ胸椎のやや後彎を出し重心を股関節の直上に位置、すると肩甲骨の位置が後方に下がり正規の位置へ移動上肢の自由度が出る、シートに乗車している重心を股関節の直上に持って行く姿勢で体幹を使えるのと股関節以降の無理やりのパワーでペダルを回す必要がない

RIMG0272

すると腿や脹脛に過負荷が掛からずに以前と同じケイデンスでも疲れない感覚を覚える、無理がない姿勢で継続性を持たせ一度出したパワーを減衰させない事を噛みしめながら登頂

 

今朝な幸運にもそんなトレーニングをするのにはもってこいな少し低めの気温と久しぶりの太陽、湿度はかなり高い状態を保っていたが気持ち良く登れた

RIMG0276

am5:45くらいには広瀬山頂に居る皆様(笑)登頂成功のポーズで今日も一日本気で生きます

関連記事

コメントは利用できません。