ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

骨盤の位置は重要でジョグでも自転車でもましてや日常生活にも言える

2014.07.22

コメントは受け付けていません。

R0020240

おはようございます22日(火)連休明けの第一稼働日、今朝も広瀬クライムからスタート

本日は3台でいつもの坂を登る台数が増えるといつもに無く楽しいものだ、と言うわけで冒頭の画像は一緒に登ってくださった仲間です

R0020245

しかも彼はビンディングシューズ(ペダルと靴を固定する)を履かずに平均斜度8%MAX20%、その激坂もついてこられるつわものです(笑)

 

さぞ登頂の時の飲料水は美味しかっただろう・・と思うところである、かく言う私の本日のテーマは「スピードを落とさず重めのギアで上がる」事と「脚に同じテンションを掛けてペダルを回す」事であった

R0020241

どうしてもケイデンス(ペダルを回す速さ)ばかりにこだわると「カクンカクン」としたペダルワークになってしまう、すると無駄が多くなりスタミナも消耗する

 

その部分を意識すると不思議と骨盤も前傾になる、この骨盤については先日のノルディックウオーキング体験会でも何回も復唱確認するほど基本中の基本、自転車だろうがジョグであろうが通常の歩行や椅子に座る姿勢に至るまで関係がある

R0020243

勿論、自転車に於いてもその姿勢がキープ出来るようになるまで腹筋や背筋の鍛錬が別メニューで必要になってくる

 

日常生活でももちろんその傾向はある、なので常日頃から運動を奨励されるのはこんな理由からだと深く頷いた、ただし運動を行う前は必要(弱い部分)から始めなければ痛みを出してしまう事がある、例えば腹筋が弱いのにもかかわらずいきなりボート漕ぎの様なフィットネスを行い背筋増強にて急性腰痛の症例も過去にあった

関連記事

コメントは利用できません。