ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

柔軟性の低下と動作の関係は日常の生活に影響する

2014.07.07

コメントは受け付けていません。

2014-07-07 07.10.33

おはようございます7日(月)今日は七夕ですが朝から激しい雷雨が降りしきった福山市新市町、今現在は雨も小康状態で曇り空を呈す、梅雨も最終に近づきゲリラ豪雨の様な降り方を良くする

 

そんな日ですが「自転車で走る」そう決めた私は我慢できずに自宅から通勤先まで自転車を駆る

2014-07-07 07.05.32

不思議とそう決めたとたんに雨も上がり特に濡れる事もなく出勤できた事に感謝である(笑)さて、先日から特にパワーポジションの様にお尻を突き出しお腹を前に出すスタイルを意識してペダリング

 

しかしながら股関節が固いのでどうしても足がお腹に付かなく関節の動きに制限、お尻の筋肉の伸縮性が無いのでストレッチを試みる、すると一番の前傾姿勢(ハンドルに伏せるくらい)で以前に比較して動きが良くなった感じがする

2014-07-07 07.09.11

まだ巡航スピードやタイムアタックの様に有形効果は出ていないので一度数字でその効果を検証したいと思う、結果をフィーリングで表すのも大切ではあるがやはり具体的な数値にて検証するのが一番かもしれない

 

何はともあれ関節の柔軟性が低下すると100%の動ける範囲に対しての日頃の余力が少なくなり歩行で言うと「ちょこちょこ歩き」になりがちである、この様な上下運動の増加が脊柱への縦の負荷を掛けやすいのは言うまでもない

関連記事

コメントは利用できません。