ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

がに股より腿を少し内側に締めると体幹がブレ難く無駄な動きを防げる

2014.06.25

コメントは受け付けていません。

R0019665

おはようございます25日(水)本日の福山市も快晴、朝5時の空気は冷たくて気持ち良いが日中は照り付ける太陽が容赦なさそう

 

本日もいつものように広瀬へ朝サイクリング、今日もひとりではなく府中方面からのお連れ様とご一緒させて頂く事になる、早朝5時に新市の当院をスタート

R0019657

こうして片道15km/半分は坂と言うコースを辿り山頂へ、彼は乗り始めてまだ4回程のサイクリングですが凄いお方である、普通は山の中腹登り約3km地点でもある四川ダムの辺りで引き返す最大斜度20%平均8%で5.8kmの距離を完走されました、ガッツポーズが凛々しい(笑)

 

すっかり自転車の魅力に取りつかれた様子、登頂後思わず写真を撮られていました(笑)これからも度々お誘いしよう、実はこれで広瀬自体は2回目のクライムですが下山しての帰り道のペースが少し上がった気がするのは継続の証

R0019660

そんな下山途中での出来事、どうしても下りはスピードが乗りすぎるので怖いとのお話を頂き後方から追尾して乗車ポジションを確認、そんな時内腿を開いていらっしゃる事に気付く

 

そして内腿を占めて自転車をホールドするようにお話すると「すごく安定して怖くない」との事、たったこれだけで実は体が安定するのである、とかく私たちの歩行でも似たようなことが言えるのでここは腰痛や膝の痛みの防止のためにも押さえておきたいポイントである

R0019673

こうして今日一日もスタート、ここが好調だと一日が有意義に過ごせる

 

これも体験しなければわからないところである

関連記事

コメントは利用できません。