ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

丸まる背中と腰痛

2021.03.26

コメントは受け付けていません。

今朝は久しぶりにグラベルロードで桜を観に行く、美しくピンク色を眺めると優しい気持ちが溢れまた仕事への活力も沸く。

そして久しぶりにこのポージングで写真を撮るがちゃんと骨盤も前傾し胸腰椎も伸びているので安心した。

ところで奇麗な姿勢の反対は猫背だが「同側性運動リズム」聞き慣れない言葉が関わる、腰痛や肩こりで「姿勢が悪い」や「猫背」だと言われるクライアント様。

ほぼ全員と言って良い程に多裂筋が入らず姿勢維持の筋活動をこれで行われています、その猫背姿勢に腸腰筋(上図)優位の筋収縮動作が見受けられます。

その逆に「良い姿勢」と言われる重力に逆らった姿勢抗重力伸展活動では、「対側性運動リズム」言われる運動を起こし多裂筋(下図)と腸腰筋の同時収縮運動での姿勢維持の筋活動を行います。

骨盤前傾や腰椎伸展以外にも運動連鎖で胸椎の伸展や顎を軽く引く一連で行われますが、身体を丸め腰椎へ負担を掛けてしまう同側性運動リズム姿勢での物を持ち上げるや椅子に座るほかパソコンへ向かう事務仕事に至るまで。

生活シーンに多々出て来るので多用すると肉体へ影響する事は間違いなく、原因はともかくクライアント様は多裂筋入力が苦手でほぼ対側性運動リズムが出来ません。

その丸まった背中はお腹のコアの圧力を抜き腰椎へもろに負担を掛けます、こうなるともう常に腰椎へ過負荷をかけ通しになるのは言うまでもありませんから痛みに繋がるのは頷けます。

関連記事

コメントは利用できません。