ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

スクワットと着座動作の違い

2021.03.18

コメントは受け付けていません。

良く起立着座が困難なクライアント様が指導される運動内容にスクワットがあります、でも実際にエクササイズを行うも運動機能向上から着座動作が改善しないとなどお悩みを受ける事もしばし。

更に高齢者だと膝前部痛さえ起こる事も伺います、それは前腿(大腿四頭筋)優位に作用しお尻(大殿筋)と腿裏(ハムストリングス)の筋でた立ち上がっていない、おまけに力の作用方向は重心が後ろに残り椅子へドスンと戻されます。

着座は重心位置を前に移動させる必要が有りますが、スクワットは重心移動は必要なく着座だけに限れば不向きです、着座が不得意な要素に骨盤後傾が有りますが運動連鎖から膝の内反も傾向的に考えられます。

実は高齢者だけではなくこの重心移動が不器用で腰痛の一因を沢山見てきました、その原因は体幹を使えないつまり骨盤が座面にある時前傾方向へ回転、その勢いで立つ事が可能になります。

関連記事

コメントは利用できません。