ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

お尻と姿勢

2021.02.05

コメントは受け付けていません。

2021-02-05 07.31.37-1

おはようございます、2月5日金曜日の朝を迎えました。

今朝はブログ記事の為でもありますが「お尻の引き締め」エクササイズからスタート、バキバキのトレーニングよりスポーツ整体ならでは整える筋トレです。

この親指が示している「大殿筋 上部繊維」へ力を入れて収縮させます、意外と姿勢の崩れから不調を訴えられるクライアントさま、坐位でも立位でも直立姿勢が取りにくく骨盤後傾位が多く見れます。

2021-02-05 07.31.53-1

以前も書きましたが、赤ちゃんの成長過程で「寝返り→ハイハイ→座る→立って歩行」の成長、坐位の姿勢が出来ないと立つこともましてや歩行も下手になります、つまりその際に代償が起こり色んな部位へ痛みや疲労として起こる。

話を元へ戻しますが大殿筋は「股関節を固定」する機能に大きく貢献します、そして同じ伸展筋でもハムストリングスが地面から実際に身体を持ち上げる際に主動筋になる、筋肉は特徴として筋長が長いほうがパワー(力×スピード)が出ます、依ってハムストリングスを酷使し早く走りたいスプリンターは二頭筋を優位で過剰酷使から肉離れを起こしやすい。

2021-02-05 07.32.52-1

昨日来院されたクライアント様、結構な猫背で意識しなければ座っていても猫背になる、直接関係あるのは腸腰筋や多裂筋ではあります(対側性運動リズム)、しかしながら筋連結がある殿筋が単体で弱い事から、関連部位へ運動パターンを伝えにくいし多裂筋など背中を丸めた際に引き伸ばされ収縮抑制される。

先ずは単体に原因が「お尻」にあるのならば、トレーニングを行い次には運動を連結させパターン化したいと思います、原因は多岐ですがひとつづつクリアです。

あなたさまはお尻単体で「こんもり盛り上がるくらい」力を入れる事が出来ますか?

関連記事

コメントは利用できません。