ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

体幹機能と四肢の自由度

2021.01.08

コメントは受け付けていません。

2021-01-08 07.16.59

今朝はレジスタンストレーニングで筋力増強の日、とは言うものの体幹機能向上が目的で有るには以前から変わりません、自転車にしてもジョグにしても・・はたまた日常生活に於いても必要不可欠は周知。

だからこそ凡事徹底し動きを作る為の土台をキチンとする、ここがセラピストとして襟を正す部分でもありお伝えするべき内容なのかも知れません。

2021-01-08 07.07.59

ヒトには横から見て足元から足裏は縦アーチで上(前)に凸し踵は後方へ凸膝裏は前に凸、お尻は後ろへ凸腰は前に凸背中は後ろへ凸、続いて首は前に凸し後頭部は後ろへ出て必ず交互に配列されます。

これを書くと「誰でも知っている」と思われるかもしれません、しかしながら姿勢の評価をご自身でされる際には「背中が曲がっている」など、そこだけクローズアップされるのです。

2021-01-08 06.57.19

もしその背中が丸かったらでは「どうしてなのか?」「どんな理由でそうなったのか?」ここがとても大切で、以前もお困り事から紐解けば・・と言う事がありましたので症例を書きます。

低床や椅子への着座動作がやり難い悩みのクライアントさまと出会う、よく観察すると膝を伸ばす動作(完全伸展)出来ないので立った状態で既にバランスが悪く、また膝を軽く曲げたままの歩行で大腿四頭筋をメインに歩いたお陰で膝前部痛もありました。

2021-01-08 06.53.47

一見椅子に尻もちを着きながら座ってしまう、こんな動的な問題点も脚の筋力低下と思いがちですが、重心移動をさせる際に冒頭の凹凸な身体重心の変化から、ご自身で上手くコントロール出来ないだけだったんです。

膝を伸ばすと言うアライメント修正から重心位置が元へ戻り、歩行状態も好転し着座動作も腕を前に振り上げながら行う、そんな動作も無くなります。

2021-01-08 07.15.55

こうして一件落着のように感じますが「膝を軽く曲げた理由」を更に探ると、体幹で主に肋骨部分に自由度が少なく静止状態でも常に前屈し更に骨盤後傾から股関節や膝関節も曲げていたと推測です。

そこを今後修正しながらも動作に対しての体幹と下肢の連携で自由度を増す、運動制御を紐づけて行ければと思います。

関連記事

コメントは利用できません。