ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

和式トイレが苦手

2020.12.08

コメントは受け付けていません。

2020-12-08 07.11.22-1

今朝もいつも通りの朝からスタート、この勢いで今年も駆け抜けてやろうとペダルを踏みしめる。

ひたすらチェーンの音だけが朝の静けさに響く、毎日聞きなれている音だけど・・年末ともなればくるくる回想が巡るもんです。

2020-12-08 06.57.53-1

回想と言えば先週土曜日のクライアント様、定期的メンテナンスに来られているふとした会話で問題点に気づいたお話。

「最近会社のトイレが和式から様式になり楽になった」たわいもない内容、しかしながら足関節動きが少ない可能性がある、そう感じテストを行う事2つ・・セラピストの他動性背屈可動域と低床の着座動作。

2020-12-08 09.04.46

案の定両方とも出来ないのである、この不具合は足関節でのバランス取り(足関節戦略)や歩行での脚を後方へ蹴りだした際に足関節の背屈運動が制限され骨盤の回旋を邪魔する可能性がある。

脛腓関節にある下腿骨間膜(下図)過緊張し距腿関節へ入り込まない、特にこのクライアント様は鉄工関係のお仕事で安全靴と言いつま先に鉄材で保護するカップ付きの靴、重量も重く材質も硬いため前脛骨筋(上図)が常に過緊張になりやすい事も要因として考えられる。

2020-12-08 09.05.36

そうなると腰痛や肩こりなどの慢性的なお悩みほか関わってくる部分も多い。

実は本当の問題は何せこのクライアント様は足関節踵の複雑骨折の歴を抱えていらっしゃる事です。

関連記事

コメントは利用できません。