ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

いつの間にか挙がらない肩

2020.11.14

コメントは受け付けていません。

IMG_3775 (1)

今朝はレジスタンストレーニングを久々に行う、エルボーブリッジからレックレイズやレッグカールなど、コアと下肢に重きを置いて刺激を入れました。

上半身は比較的仕事でも使うからでしょうか?筋量も筋質もそこそこなので安心しています。

4977CBF2-5C03-4EE1-AF15-4197A4E573BA

肩と言えばトラブルに慢性的な肩こりがあります、そんな時確認する事の内容で「万歳出来にくい」かどうか?確認をすることもあります、五十肩でもないのになぜ?と思われるかもしれません、しかしながら肩の動きは肩こりが酷くなるといつしか肩関節の動きを鈍くします。

工業系のお勤めなら比較的会社でラジオ体操など、危険予知や労働災害を未然に防ぐと言う事からもされている事でしょう、実は真面目にやっているとその動きの異常に気が付く筈です、なのでそんな意味でラジオ体操をお勧めするのですが・・・

2020-11-06 09.37.24

少し脱線したので「慢性肩こりかつ肩が上がりにくい」話を元へ戻します、万歳しにくい時肩関節包が硬く動作の際に問題が起こる事もあります、何故なら本来肩を挙げる際に骨頭がやや下方滑りと言い足元方向へ若干下がりながら腕を挙げるシステムがあります。

そんな時関節の袋(関節包)の下側へすっぽり骨頭が納まるのが、組織が何らかの原因で萎縮し硬くて下がろうとする骨頭を入れてあげないと肩甲骨の肩峰(上図)と言う屋根の様な形に当たり痛みを起こすパターンもあるのです。(上図)

関連記事

コメントは利用できません。