ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

即答できないエクササイズ

2020.10.24

コメントは受け付けていません。

2020-10-24 05.35.57

AM6:00今朝はソロではなくサイクリング仲間と三和ステーション、久しぶりの500m超えの山は疲れました、しかしながら仲間と一緒の運動は何だか楽しく感じてしまう。

会話でコミュニケーションを取りながらと言うスパイスが入る、そんな所からも脚がだるかったり心拍の上昇も忘れさせるのかもしれない。

2020-10-24 06.42.39

サイクリング仲間と言えば「左お尻のえくぼのところが痛い」とか、そんな雑談の中から飛び出た事を少し書いて見ようと思います。

話から痛みのある方のストレッチ、椅子に座り股関節を曲げ折った膝を内側に倒す、痛い部分を伸ばすと少し楽になるも元へ戻るとの事でした、「このストレッチは効果あるの?」正直これだけの情報では何もわからないのです。

2020-10-24 06.55.01

その場合いつ頃から痛い→ごく最近→きっかけはある?→そう言えば距離を伸ばしたなど、加えて走り方を試行錯誤されているらしく、フォアフット(つま先)走法がいいと聞くけど実はどうなんだろう?とか。

どうもその辺り(距離を伸ばした・走り方を変えた)に今回のトラブルを感じるのです、その話を伺いながら関節が元気な脚と比較して機能しているのか?(関節の動き度合い・運動制御の正常)そこを調べないと何とも言えないのです。

2020-10-24 09.38.46

走る際に目的「距離伸ばしたい」「タイムを縮めたい」「健康維持程度」など様々で、その目的に合う走り方も存在する筈なので、その部分から合う走り方を模索してもいいかもしれません。

「気になるのならおいでください」としか言いようがない、様々なパターンがあり確証が無いと単純に解決策(エクササイズなど)に結び付かないのです。

関連記事

コメントは利用できません。