ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

すぐ元へ戻る肩こり

2020.10.09

コメントは受け付けていません。

2020-10-09 07.40.00-1

今朝も体を鍛えて1日を始める、出来れば習慣は体が動かなくなるまで強度や頻度を変えながらでも続けたいと思います。

地球には「重力」が常に働きそれに抗して生きてゆかなければなりません、四足動物ならその方向・・また2足歩行の私達には固有に強化するべき理由が発生、だからこうして衰えない様にしなければ日常で体を操る事が困難になる場合も生まれます。

2020-10-06 05.24.47

重力に反すると言えば「肩こり」を連想、それは寝てる時以外はずっと首を起こす筋肉が働きっぱなし、その中で様々な問題点が生まれるのです。

今日は一般論で何筋がどうの・・などの原因や方法論では無く、どうしてリラクゼーション後に戻ってしまうのか?そこにフォーカス出来ればと思います。

2020-10-09 07.41.15-1

セラピスト的に良くうつ伏せや仰向けで「肩こり」に向き合う時、そこに一考しなければならない要素が含まれる、つまり冒頭にも書きましたが寝ていたら首を起こすために働く筋肉が休んでしまう。

条件が良いシーンで肩こり対策をしても起き上がるとすぐ戻る、こんな事が起こりやすいのは体の動きを含めない施術理由のひとつ、現に起きて首を左右に振る動きの大きさと仰向けで同じ動作では仰向けの方が大きくなる。

実際その肩こりは動いて?じっとしてて?など理由はあるのだが、じっとしていても重いが「動くとこの部分が痛いや詰まり」など、のけ反りや下向きな・・振り向き動作ほか何処かの「この部分」で痛い筈です。

関連記事

コメントは利用できません。