ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

力強い前足の四足歩行

2020.10.04

コメントは受け付けていません。

PA043782

白い砂浜を走るおはぎ、昨晩から愛媛県の伯方島にキャンプに来ています。

実際には空模様も怪しいので早めの帰宅をと、すると案の定帰路の車中では大粒の雨がポタリと落ちる。

無題

夏の海水浴以来の伯方島ですが、大はしゃぎなのは我が家の息子おはぎ・・日頃走れない彼は息を切らしながら15mに伸びるロープを駆使、砂浜を駆け抜けたのでした。

ついはしゃいでいたので苦手な海水浴をさせるべく水辺へ引き込む、すると思いっきり手足を踏ん張りイヤ!と意思表示をします、勿論海へ漬ける事はしなくてもほんのじゃれ合い

PA043755

すごい力で踏ん張った跡が砂浜の掘れ具合で分かるのです、この掘削作業をしたのは彼の前足で荷重がかなり掛かっている事を物語ります。

四足動物の彼は基本的前重心です、だから男子は前足を踏ん張り片足を上げて用を足す事が出来ます、もし後ろ重心だとこの姿勢は揺らいで持たないでしょう。

PA043603

その他にも四足歩行ならではの特徴として腰骨が後ろに曲がり、ヒトとは異なる後ろへ盛り上がる腰骨を持っています、胴体の長い彼は腰骨が地面方向にたわむのが苦手で腰椎ヘルニアになりやすいからです。

なのでおはぎは二足歩行は出来ませんし逆にヒトはヒトの動作に適合した身体構造があります。

そんな事を思いながらも息子が無邪気に駆け回るのに付き合います、とても追いつけるものではありませんが、昨晩からのやや飲みすぎの身体に喝をいれて今日はしっかり楽しんで明日からまたベストを尽くします。

関連記事

コメントは利用できません。