ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

身体の動きと勘違い

2020.10.03

コメントは受け付けていません。

2020-10-03 06.56.13

今朝も徐脂肪体重を増やすためにサイクリング、勿論強度を上げてのトレーニングライド、全行程45分間で運動の強さを心拍に置き換えたら全力から84%以上のパワーで26分間、ペダルを回し続けた事で筋増強を狙いました。

結果的には体重が66.2㎏と0.7㎏増えた?、実際は体脂肪が1.1%低下し1.25㎏筋増加してます、実は昨日も1710kcal摂取でややいつもより多めなのが良かった、どうしても痩せたい気持ちが先行すると「勘違い」も相まりカロリー制限過剰になる、このように食べないと痩せても筋肉まで落ちてしまう事を体感です。

2020-10-03 06.46.46

勘違いと言えば面白い話を聞いたのでひとつ、先日も勉強をしていたら歩行時の「視覚画像」の事を聞く、ヒトの歩行時は上下に体が揺れるのに目から入る画像は揺れていないのは何故?

実はヒトの画像は脳で処理をされ画像合成されるとの事、つまり上下に揺れていてもそれを感じないように調整、確かにビデオカメラを持ち歩くと上下に振動して見難い画像になるでしょうか。

2020-10-03 07.00.27

これもある意味「勘違い」かも知れないのです、勘違いと言えばヒトの肉体も例えばけがをした後でも本当は治癒して使えるのに、あたかもその部分が痛みあるかの如く脳が感じてしまうパターン。

そうすると脚ならなるべく体重を掛けないように、手なら反対の手で仕事を行うなど、この身体の使い方が定着し普段に置き換え、その一連の記憶された運動パターンを変えるお手伝いが、私たちセラピストの仕事かもしれないと私は感じています。

関連記事

コメントは利用できません。