ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

肩こりと正面

2020.09.10

コメントは受け付けていません。

2020-09-09 06.34.36

本当に連続で秋らしくなって来た、まるで定規で線を引いた様に変化は台風のエネルギーだったんだろうか、何かしらの影響を与え自然が文明や全てを変えてしまう、全くその流れにはヒトは無力でしかない

天気なら予報を見て状況把握からやらなければならない事が見える、ヒトの健康管理ならどうだろうか?

2020-09-09 05.59.41-1

先日から肩回りの話を書いている、今日は体幹回旋と肩関節の動かしやすさを考えてみる

その大前提に「胸骨の向き」がある、これが「ヒトの正面」なので腕の動作はそこを中心に動きやすくしている、胸骨の向きは鎖骨や肋骨で支持されているが、肋骨がたわみ胸骨の向きが変わると問題を起こしやすい

2020-09-10 07.33.32

下部肋骨や骨盤帯が右回旋に捻じれるとしよう・・胸骨の正面確保のため上部胸郭で戻す、そうすると一見真正面に向いたように見えても最終的に戻して圧迫を受けた(下図青丸)胸鎖関節・肩鎖関節は関節面の自由度
が減り前方へ手を出しにくくなる

もちろん腕を上げにくい中気づかずに日常を送る、それ以外にも上げにくくなった肩を三角筋や上腕二頭筋が代償を起こす、問題を誘発しやすい「体の捻じれ」がどうとか・・こんな具体的な理由も含まれる

写真 2020-09-10 7 33 32 (1)

関連記事

コメントは利用できません。