ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

股関節を支える大殿筋

2020.08.13

コメントは受け付けていません。

2020-08-13 06.31.29-1

例えばみなさまが何の気なしの動作、着座の際にどうお考えだろうか?

まずは膝を曲げて・・・と感じられるかもしれない、しかし重心移動の要は「股関節」なのだ、つまり股関節の機能低下は重心移動が不器用になり、歩行が下手になったり立位や坐位(静止運動)下に於いて、慢性的な肩こり腰痛を伴う事がある

2020-08-13 06.32.17-1

分かりやすく「お辞儀」を思い浮かべて頂きたい、上体を真っすぐにしてきをつけ股関節は屈曲しながらお辞儀は前に重心が移り、足の指先に力が入る(踵が浮く)事を感じられる、前に倒れまいと足先が踏ん張り背中が張る、そんな代償的に頑張る組織を感じれる筈

例えばまた右横方向に重心を移動させる片脚立位の場合、左足で地面を蹴り対側左足では足を浮かせる、そんな動作が不随意(意識無く)行われる、左足の作用点のお陰で右足へ重心が移動

2020-08-13 06.33.30-1

※左足を踏み込み右へ重心を移動、右足では若干の荷重を抜き床反力を小さくする

2020-08-13 06.33.31-1

※体が傾かないように片脚立位出来た

歩行で行われる動作のひとコマ、そのままだと上肢が左へ回転し倒れてしまう、そこで重心の位置を維持するために上体を右側へ平行移動、股関節の姿勢を維持する大殿筋が作用すると片足立ちがバランス崩さずに可能になる

床を踏みしめる股関節伸展筋低下の緊張する順序の変化や優位性の崩壊、多裂筋(体幹伸展※コアも作用)→大殿筋(股関節伸展)→ハム(股関節伸展)→大腿四頭筋(膝伸展)→腓腹筋(足関節底屈)の収縮序列変化は次の問題へ移行

2020-08-13 06.33.37

前述ほか股関節の運動能力(可動域・筋出力)・コアの低下

腰痛のクライアントさまの股関節可動域SLRや筋力を確認すると、その問題点に当たることも良くある

関連記事

コメントは利用できません。