ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

筋トレとストレッチの相性

2020.08.04

コメントは受け付けていません。

2020-08-04 07.08.28-2

今朝はレジスタンスTrからの目覚めとなる、先日書いた上半身で特に肩回りの不安定・弱さを感じた、私自身足をベンチに上げて行うデクラインパイクプッシュアップが出来ない

どころか・・・画像にあるパイクプッシュアップすら、そんな事実を知ってしまったのでこうしてメニューに入れた

2020-08-04 07.10.52-1

自転車もランもそこそこ走れ・・以前より運動単位は増加なのか、遊びで卓球したが案外出来たから安心していた、しかしレジスタンスTrの前では嘘はつけない弱さが露呈

理解出来たらやれば良いだけの事、筋増強して特異的(自転車やランなどの下肢中心)から上肢安定性へ、これで五十肩や慢性的な肩こりを予防し健康で居たい

2020-08-04 07.14.41-1

肩と言えばヒトが痛みなどを感じる場合、姿勢の変化から出やすいのは周知である、その要因として関節の動く範囲=柔軟性、また釣り合う筋組織の関係性の崩れなど、各原因から動く際に関節の位置異常や動きすぎ損傷また動き難さから可動痛ほか問題を起こす

上画像は「ビハインドネックストレッチ」肩関節の柔軟性を出すストレッチ、レジTr終了後のクールダウン風景であるが前述強化と可動域確保はセット、拮抗筋と同じ筋力へ高め関節を動きやすくすると位置異常も減少姿勢も良くなる

関連記事

コメントは利用できません。