ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

レジTrと柔軟性

2020.04.25

コメントは受け付けていません。

2020-04-25 06.07.10-1

 

今朝も検温からスタート、こうしてデーターを付けると自身の健康管理や平熱が分かる、通常がインプット出来ていると異常時素早く対処

 

健康管理と言うものはそう言うものでやれそれ出来るものではない、その目的は有意義な毎日を送る事で行きたい場所や美味しいものを食べたり、また志事(しごと)をする上でも踏ん張りが効く

 

2020-04-25 07.19.33-1

 

という訳で今朝も筋トレからのスタート、プライオメトリクスTrを覚える為に先ずは努力しその後いつものメニュー、昨日も書いたが運動連鎖的にも上肢が弱い、サイクリングやランはしているので「特異的」Trはある程度出来ている故

 

大胸筋により効果させたいのでベックテックよりバタフライを多く入れる、と同時に写真のようにプッシュアップの強度も上げる為接地高を上げる

 

2020-04-25 07.20.09-1-1

 

レジスタンスTrと言えばどうしても筋力的な事へ目が行きがち、しかしながらそれ以上に変化したのが柔軟性である

 

というのも長坐位前屈が飛躍的伸びた、以前は全く手がつま先まで届かなかったのが今では足趾を握れるまでに変わる

 

2020-04-25 07.20.40-1

 

柔軟性が上がると言う事は例えば自転車に置き換えると、前屈位で高速ペダリングをしようと思う時股関節が上死点でも曲がる、つまりお尻がポンポン跳ねる事も無くなる

 

それ以上にパフォーマンス向上にも繋がるのは言うまでもない、日常生活に於いても優位であり・・・スポーツ動きもよく考えると日常の中で行う動作、ただ特異的にスピードやパワーを必要とするのがそれだと考えれば、基礎体力維持にTrは不可欠である

関連記事

コメントは利用できません。