ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

骨粗鬆の為に行うトレーニング

2020.04.14

コメントは受け付けていません。

2020-04-14 06.10.47-1

 

今朝も平熱からのスタート、大切な人を巻き込まない努力は自身の健康状態を把握する事から始まる、昨今も「国が」「県が」とか他責にする風潮が蔓延し、新型コロナウイルス以上に人間が怖いと感じる

 

言われる前に自分を守るための行動をすれば良いだけ、何故に言われなければ外出自粛ほかやるべきことが出来ないのか?これだけ日本人の民度が低下したのか?恐らくこの日の丸の国を護る為に命を捨てた先人方に顔向けできない

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今はみんなで一枚岩になり本当の問題に向き合い解決する事が先決、という訳で自身の出来る事は身体を鍛えその有用性を伝える為に今朝も汗を流したのだ

 

ところでレジスタンスTrを行うがこの画像は「バックスクワット」主に大殿筋・ハムストリング・大腿四頭筋などに作用、つまり脚力が付くと体幹を持ち上げる力も増強、実はそれだけでは無く脊柱へ縦方向の負荷を掛けて行う「ストラクチュアルエクササイズ」だ

 

2020-04-14 06.44.04

 

ストラクチュアルエクササイズは2関節以上+脊柱縦方向への負荷から骨増強に良いとされる、つまりいずれは閉経と言う身体変化を迎える女性、そして加齢に伴う骨粗鬆にも当然ブレーキが掛かり肉体維持に貢献する

 

上の画像は「ダンベルフライ」と言いこれは大胸筋の強化をしている、胸部の筋量をもう少し付けたいので行うと言う目的、この様に一口に筋トレと言いながらも目的や目標を持って行う、そうすれば効果も出てより楽しい健康管理となるだろう

関連記事

コメントは利用できません。