ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

ヒルクライムタイム短縮と腰痛

2020.03.31

コメントは受け付けていません。

2020-03-31 06.36.19-2

 

今朝は桜を求めてラン「サクラン」とタグをつけてSNSへも投稿、今しかないチャンスを逃さず毎日の積み重ねを行いたい

 

そうして振り返った時に自身の足跡を眺めれるのが生きた証と充実感になる

 

2020-03-31 06.34.10-2

 

 

ところで昨日の来院者様のお話を書きたい、元は1時間以上の立ちっ放しにての腰痛がお悩みとか、また経過を症例でも紹介したいと思うが今日は視点を変える

 

要因としては大腿四頭筋過緊張からの骨盤過前傾、更には多裂筋ほか脊柱起立筋群の過緊張があった、その背部筋の緊張の元を更に辿ると巻きこみ肩にあると思われる

 

2020-03-31 06.21.58-2

 

ストーリーとしてはこうだ、CAD設計の仕事をされていて非常に座業が多い事から巻きこみ肩発生、肩甲骨外転下制し胸椎は後彎とわずかな右屈を呈す、その事から姿勢を保ち支持基底面内に重心を置こうと腰椎が過前傾

 

こんな流れが想定できる・・・背部過緊張から臀部の萎縮もあると考えた、その検証として椅子に座り片あぐらで前傾をして貰う、案の定全く前屈出来ない事と本人様も身体が固いと自覚

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

もちろんその部分を改善させる策を取ったのも言うまでも無い、もうひとつ加えるならば私と同じサイクリストであるが故、レースにてタイムを伸ばしたい相談も受けていた

 

最初はホイールなどの機材に頼ろうとお考えであった、その部分を股関節の可動性UPさせてペダリングの際しっかり脚が持ち上がる様、身体の柔軟性を出すのもタイムの短縮に繋がる機材に頼らないエンジン性能UPをご提案をした

関連記事

コメントは利用できません。