ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

筋トレのプログラムデザイン

2020.02.06

コメントは受け付けていません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

レジスタンストレーニングの翌日は有酸素運動からのスタート、ランニングは床反力もつけながらなので自転車には無い特異性がある

 

またランよりバイクには膝などに荷重が掛かりにくいなど、利点もあるのでそれぞれの良い所を活かしながら、また目先で気分を変えながら行いたい

 

2020-02-06 06.52.11

 

ところで今朝は霜が降りていない・・・そう思っていたら何と雪、実はランニング中にもチラリとしているものがあった

 

こんな画像のように車のルーフやフロントガラスには明らかに粒の大きいもの、それらが点々と並んで冬らしい景色を醸し出す、こんな時期だからこそ屋内外のトレーニングを上手に使い健康維持してゆきたいものだ

 

2020-02-05 17.14.07

 

ところで上画像以下は先日私が行ったレジスタンストレーニング、初心者トレーニング未経験者でのメニュー組をして見た

 

最下段の「ラットプルダウン」と「ベックデック」はマシーンで、以外自重トレーニングの最大負荷(回数)と次回目標値80%負荷を示す

 

2020-02-05 17.04.36

 

RMとは最大反復回数で「もう出来ない!」と思う主観的強度(RPE)基準、正直各単体での運動ならもう少し頑張れるのであるが、次があると思えばつい弱気になった部分もあろう

 

しかし指標が無いと何も変化ないので今回勉強も兼ねて自身のプログラムデザインを試みた次第

 

2020-02-05 17.04.43

 

それと自身が実際行わないと効果の確認も出来ないし、またお勧めする事も如何なものかと思う所も

 

ならばこうして体験する事が一番の早道になる発想である、明日はまたレジスタンストレーニングにこのメニューで挑みたい、さてどうなることやら・・・

 

2020-02-06 09.05.58

関連記事

コメントは利用できません。