ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

不安定は痛み浮き彫る

2019.11.22

コメントは受け付けていません。

2017-11-12 07.35.17

 

今朝もいつも通りスタート、と言いたい所であるが今朝は早い時間に施術スタートなので休脚

 

組織は活性化させたら回復の時間も与えなければならない、やり過ぎは何でも良くないものだ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

自転車と言えば良く伺うのが膝の痛みである、クリートの問題や機材的な事はさて置いてからだ屋さんからの視点はやはり部分的な過負荷である、ここでは自転車に置き換えるが日常生活でも同じ事と読み解いて頂きたい

 

昨日も右膝のトラブルに対応して以下内容を確認修正を行う

 

 

 

 

|不安定は原因を浮き彫る

 

2019-11-22 07.13.13

左:修正後 右:修正前

 

ヒトは2足歩行故に支持基底面が狭くなる、上図はさらに自転車と言う不安定な乗り物で、重心の崩れを更に分かりやすくした

 

不安定が故に重心位置、ペダル サドル ハンドルと言う3点支持配分が大切になる、修正前後の比較画像は左脇から対側の組織を弛緩、その後ペダリングをして頂いた

 

修正前(右画像)は左肩を天井方向に上げる事が出来ない(対側過緊張)、ゆえに頭部を右へ傾けている様が見受けられる、(左画像)修正後に頭部は垂直になりまた左肩の下がりがやや改善された

 

2019-11-21 07.08.31

 

ここで言いたいのはその姿勢崩壊のきっかけ解消が一番であるが、本来の動きにくい場所を作らない大切さ、ちなみに修正と言っても左わき腹をスタティックストレッチで伸ばしただけの変化

 

ちゃんと施術して無くてもこれだけの変化があると言う事実、日常生活に於いてもストレッチを侮ってはいけない

関連記事

コメントは利用できません。