ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

読む事と体験する差

2019.10.15

コメントは受け付けていません。

2019-10-15 06.42.57-1

 

昨日のサイクリングで心地よい倦怠感を流すかのよう、今朝もサイクリングスタート

 

連休も明けて身体の中からもリフレッシュ、納得出来る仕事をするには必要である

 

2019-10-15 06.53.21

 

仕事と言えば一昨日久々の日曜出張、リハビリのお手伝いをさせて頂いたが私自身も大変勉強になった

 

全く初めての疾患で進行性核上性麻痺とはどう病気か、またどんな特徴があるのか調べ読み解いた、自身の母がパーキンソン病になり最期を迎えるまで携わる、またそれとは似て非なり正直不安

 

2019-10-15 08.41.24

 

文献内容はさておいて自身がお目にかかりパーキンソンと違いを感じた、動作が緩慢なのは似ているが歩きだしのちょこちょこが核上性の方は無い、そして力を抜いた様でも術者が股関節を操作する際断続的な抵抗感は似ていた

 

別件であるが・・・ALS筋委縮性側索硬化症は脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動神経細胞が侵される病気、この場合もお手伝いしたが一度弛緩を行うが何かの刺激で拘縮してしまうと弛緩出来なくなる特徴

 

2019-10-14 12.09.54

 

同じ中枢神経系のご病気になられていても、実際向き合う際の特徴があるのだと体験できた

 

しかしながらいずれにしても脚や手の末梢から運動と言う刺激を入れる、脳へ伝える際には目視と感覚とお声掛けを必要とするのは似ていると感じた備忘録

関連記事

コメントは利用できません。