ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

猫背と重心線

2019.10.01

コメントは受け付けていません。

2019-10-01 06.30.08

 

2019年10月1日火曜日、月初だからこそ尚更いつも以上に凡事徹底、早朝サイクリングからスタートは自身の軸を正す為

 

姿勢をきちんとして仕事も人生も向き合うと楽しい事にしかならない、精神論に聞こえるかもしれないが実に体験から信じている

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

姿勢と言えば先日も書いたが肉体的にも精神的にも大切な部分、コスモスの咲き乱れる中今日のテーマを考えながら帰路に付く

 

姿勢に付きいつも術前後比較画像を見ながら来院者さまへのご説明する際、重心位置と絡めデメリットをお伝えするが今一度ピンと来られない浮かないお顔をされる

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そこで今日は分かり切った事かも知れない事、重心位置・姿勢変化と痛みの出方についてマンガにて分かりやすく表現して見た

 

 

 

 

|猫背と重心線

 

3つ画像があるが上から横向きでの正常な重心位置、2つ目が横から3番目が前から見た猫背となる(下図)

 

重心線は横から見ると外耳孔 肩関節 胸郭 背腹部 大腿骨大転子 膝関節の中心、そして外顆(外くるぶし)のやや前方を通ると言われる、今回は外顆の位置を重心線に合わせ姿勢の崩れを観察した

 

2019-09-30 17.15.30-1

 

発症順序は様々だと思うが裏腿(大腿二頭筋 半腱腰筋)過緊張にて骨盤後傾を矢印の様に後傾促す、骨盤後傾位では多裂筋が弱くなり(抑制)骨盤前傾を保てない、骨盤後傾になると拮抗する前腿(大腿四頭筋)は引っ張られ固くなり遠心性に緊張する

 

骨盤後傾は上体の前屈を促しそれをカバーする為に背部筋が過作用、常に作用しっ放しの背筋はやがて疲労ピークに達し捻挫等、ぎっくりと来て腰痛の元や筋組織中にある栄養血管や神経を圧迫、痛みと回復の遅延を起こしてしまう

 

IMG_3406

 

そして猫背は前から見た図の様に肩関節を体幹へ巻き込んだ姿勢を作る、その事で肩甲骨の動きを抑制し腕の挙がり具合など抑制、筋組織などの活動も阻害して肩こりや五十肩の原因にもなりやすい

 

なので来院された際には良くこの姿勢位置に付いてこだわる、そんな理由を少しご理解いただけたらと思う、そして姿勢の変化は筋力低下も良く言われるが関節の動き低下が良く見られる、なのでストレッチをするだけで変わる症状も多くある

関連記事

コメントは利用できません。