ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

過去の痛みと足先の向き

2019.08.29

コメントは受け付けていません。

2019-08-28 05.04.54

 

今朝も降り止まない雨で目覚めた、九州地方は大変な事になっている

 

少しでも被害が少ない様にお祈りいたします

 

 

 

|過去の痛みと足先の向き

 

昨日の来院者さまから足先の開きに異常を認めたのでその話を書く、当院では基本は姿勢変化にて肩こりや腰痛も因果関係ありと考える、その異常等から導入するので必ず確認を行う部位でもある

 

昨日も右足だけ開き左脚はやや内旋していると言う来院者さま、問題は足底部(小趾球)にタコがあり(下図赤○)皮膚腫厚から荷重や過負荷を物語っている

 

2019-08-29 10.19.09

 

問題は過去に右股関節の痛みを覚えた事、現在はメンテナンスを含め完全に痛みは消失した、そのケアリングとしてのご来院ではあるが・・・

 

 

問題は「その足の開きが何処から来ているのか?」例えば股関節なのか膝なのかあるいは足関節なのか、分節的に確認しなければならないが今回は膝関節で特に膝下(下腿)が過外旋していた

 

2019-08-29 09.12.09

※図は右股関節外旋で今回は膝下の外旋が認められた

 

その見分け方としてすね坊主(膝蓋骨)がある、この向きが実は左右同一で天井を睨んでた、つまり股関節の問題では無く膝から下が過外旋していおる事が判明し修正を行う

 

 

その問題点は何処から来ているのか?何なのか?そこを明確にしなければ問題解決の糸口は掴めない、そこさえクリアすれば今回であれば歩行周期の異常も解決に向かう

関連記事

コメントは利用できません。