ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

姿勢制御と身に覚えのない腰痛

2019.06.11

コメントは受け付けていません。

2019-06-11 06.28.01

 

今朝も尾道からのスタート、毎朝2,000cal消費を目標に朝活を行っている、と言うのも先日リバウンドしてしまう体組成を修正する為

 

お陰でかなり好転して来たのでリバウンド前位までは持ち直す、後は目標体重になる様に更に絞り込んで行きたい、何よりもしゃがんで作業をする際にお腹が苦しいのは情けない思いもした

 

2019-06-11 06.29.07

 

お腹が出てしまうともちろん身体重心の位置も変わってしまう、重心を狂わせると帳尻を合わせる様に何処かがいつもの位置に存在出来なくなる

 

その継続がやがて痛みになり、痛みは関節可動域を少なくしたり・・・沢山の問題を抱えてしまう

 

 

 

|身体重心と圧中心

 

と言う事で今日は動作パフォーマンス低下からの腰痛について書く、関節の動き悪く身体が固い事や筋力低下など潜在的にある

 

しかし来院者さまはいつも「身に覚えが無い」など仰る、その中で姿勢制御能力の低下から痛みになるパターンが当院ではその傾向

 

2019-06-10 15.02.35-1

 

そもそも立位の姿勢制御は上図示にある身体重心(COG)と圧中心(COP)を用い支持基底面をコントロール、床反力をうまく制御する事で立位維持貢献している、ならば身体重心と圧中心が上手く機能せず、体重移乗や床反力制御が怠ると代償行為からの痛みになる可能性が高い

 

その時に鍵となる筋肉が「大腰筋」になる、ちょくちょく腰痛症例にて名前を連ねる筋組織である

 

2019-06-10 14.48.52

 

では分かっているのだから自身でエクササイズすれば良いのでは?そう考えられるかもしれない、もちろん何もしないより良いかも知れないが不十分要素として以下の理由がある

 

上図の様に一本の筋組織中、固い部分と柔らかい部分が混在したとしよう・・もちろん問題のある部分は固い場所、そこをストレッチでも使い伸ばしたいものであるが引っ張ると弱く柔らかい部分だけ伸びる、つまり肝心な伸びて欲しい部分は無傷となるから効果も薄い(下図)

 

 

無題

 

そこはやはり直接のアプローチになる、実際に当院でも姿勢の崩れなどの要因があると大腰筋アプローチを忘れない

 

こうするしか無ければ早めに回復し元の機能から姿勢制御出来る様にすべきだ

関連記事

コメントは利用できません。