ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

痛みを数学的に考える

2019.05.23

コメントは受け付けていません。

2019-05-23 04.43.29

 

今朝もとても良い天気、涼しくて気持ち良いと言うか肌寒い・・本当に夏は来ているのだろうか?

 

今朝も身体を動かし来院者様の前へ最善の状態で臨む

 

 

 

 

|痛みを数学的に考える

 

ところでお悩みに対してのご相談の中どうすればよいのか?ご自身での身の振りを迷われる、例えば「膝の痛み」などそうだ

 

安静か動くべきか?自身の立ち位置も含めて良い方法に気づく、と言うのも昨日休憩時間にyoutubeを観ていたら林先生の放送

 

A

 

内容的には世の中を生きて行く方法のひとつどのようにした良いのか、必要なものとして「解決力」と「想像力」そして考え判断するにあたり必要な教科は「数学」だそうだ

 

今回は自己管理のひとつとして数学的発想を健康管理のひとつとして取り入れてみた

 

B

 

冒頭でも話したが膝の痛みは特に後述の傾向がある、先ずは上図を見て頂きたい

 

横軸に安静―強化、縦軸に損傷ー回復とした・・・そして出来れな赤枠のABに治まりたいのが心情、安静で回復するのか?はたまた強化して回復するのか?もし現状で運動をしながら治そうと考えているが好転見込めないなら安静回復しかないのが分かる

 

 

 

 

|発想を切り替える

 

2019-05-22 07.16.53

 

頭を切り替える事は大切、試行錯誤の中で好転が望めないものをごり押ししても結果は何も良い方へは転ばない

 

と・・・なればあっさり考えを変えるしかない、そのツールとして今日の様な発想方法は生き方やビジネスだけでもなく、健康管理にも使えると感じて書いた

関連記事

コメントは利用できません。