ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

認知症と苦悩2

2019.03.19

コメントは受け付けていません。

写真 2019-03-19 5 40 18

 

今朝は春雨、暖かく恵みの雨でもある

 

潤いは大地の草花や野菜を育てやがて私達のエネルギーになる、有難いと感謝しながら三本ローラーに乗る

 

 

 

|少しの幸せ

 

写真 2019-03-19 5 50 23

認知症で文字が書けない

認知症と苦悩

 

ところで上記リンクににもある様に他界してしまった母の苦悩を描いた、「認知症」と言う大きく乗り越える事の出来ない壁、たったひとつの歓びの為に懸命によじ登っていた

 

一番の傍にいて理解者でなければならない父は家事もままならない母を責めた、その日々の暮らしの中で努力し嬉しさを噛みしめ書けない字をノートへ残したのだろう

 

 

 

 

|双方の言い分

 

2019-03-18 13.51.02

 

そう言えば以前虐待の問題で息子さんが父親を「犯人扱い」に聞こえる切り口でTVに出ていた経験者、その辛さを全国回り伝えたいとか・・・、両親もとよりご家族の支えがあるからこそ生かされている自分がいる

 

私自身も昭和で頑固ジジイである親父の息子、ただの暴力だけでなく刺身包丁で刺され病院送りになった事も、確かにその当時は「やらなきゃやられる」までの観念になった事も、しかし今では両親共に感謝しかない・・・だからこそこうして情報開示したい気持ちになった

 

IMG_4837

 

恨み節だけでその辛さを伝えるのはとても危険に感じてならないのは私だけだろうか?

 

肝心なのは双方の立場や気持ちも考慮し理解の上で第三者に伝えるべきだ、だからこそ認知や介護問題もする側とされる側双方の気持ちや考えを知るべきである、認知症になる本人や虐待連鎖に苦しむお方もとても不安で辛いものである

関連記事

コメントは利用できません。