ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

休まない背部筋とぎっくり腰

2019.02.26

コメントは受け付けていません。

写真 2019-02-26 4 39 49

 

今朝も黄砂だろうか・・・おはぎの散歩に出かけただけで目が痒い、彼は大丈夫なのだろうか?

 

先代きなこはこの時期になると良くくしゃみをしていた、犬でもアレルギー反応を起こすのだろうか?と思い散歩後身体を手で払ってあげたものだ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

春霞は出勤時には相当酷い、こうして遠くに望む山々も白く濁る、春は暖かいものだがくしゃみも止まらないので院外もマスクを常用となる

 

ところで今日は休脚日にする、連続でずつとバイクに乗っているのでこうして休ませる事も必要になる

 

 

 

 

|毎年繰り返すぎっくり腰

 

2019-02-26 05.14.00

多裂筋・・体幹の深部で重力に負けず姿勢を維持、腰を反らせ骨盤前傾作用を行う、重力に対して2足歩行のヒトは常に多裂筋が負荷を受け続けている

 

休ませる事が必要と言えば昨日来院された50代男性、ぎっくり腰とも伺うがカウンセリングの中で10年間毎年この様な痛みになるとの事

 

今回は特に症状が異なると言うので不安になる、結果から言うとただの筋ストレスからくる捻挫でぎっくり腰(急性筋性腰痛症)以上の予感がしてならない、今回は多裂筋の過負荷にて筋ストレス症状から神経の通り道を邪魔している傾向もある(上図)

 

2019-02-26 05.14.31

多裂筋に大腰筋を加えた、大腰筋は多裂筋の過作用を抑止し骨盤を後傾や股関節屈曲作用もある

 

特に体幹をのけぞると痛みが顕著であり、多裂筋の作用をセーブさせる大腰筋の疲労(圧迫痛)が半端ないのである

 

しかしながら先ずは消炎を務め3日後に今回の術後を観察する、ちなみに痛みレベルが10段階と仮定したら残り3程度に好転したとの事

関連記事

コメントは利用できません。