ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

躓(つまず)かない歩き2

2018.11.28

コメントは受け付けていません。

2018-11-28 06.22.32

サムソラノナカ・・MERIDA TFS900 MTBで行く

 

今朝もいつもの習慣を止めない継続、実の所色々とあり正直メンタルもダウン気味、だからこそ鼓舞するように自身へ鞭を入れる、ゆっくりするのは人生に幕を引いた時で良いのだ

 

 

 

|つま先歩き(尖足)

写真 2018-11-26 14 56 21

本日はタイトル通り昨日の続きの話、躓く要因のひとつでもある尖足(つま先接地)の際、上図の様に膝が伸びないのは大腿四頭筋の弱化での伸展作用低下(下図)

2018-11-28 07.48.50

※内側から内側広筋 大腿直筋 外側交筋 深部に中間広筋

 

2018-11-28 07.48.58

※中間広筋

 

もしくは拮抗(相反する)大腿二頭筋過緊張にて伸びない、遠心性収縮作用の低下に依る要因も含まれる

 

2018-11-28 07.49.39

※内側から半腱腰筋 大腿二頭筋

 

 

その事で膝が伸びないと上図の様な尖足歩行へ加担する事になる、昨日の記事に加えて補足を書いて見た

 

 

 

 

|病気をシンプルに考える

2018-11-28 06.29.14

こんな症状もサルコペニアの症状内となる様な気がしてならない、しかしそのこと自体が老化と深く関係している様にも思える

 

つまり病気と言えば病気だが、老化は自然現象なので運動してアンチエイジングすれば良いだけ、単純に考えるのは私だけだろうか?

関連記事

コメントは利用できません。