ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

反り腰で多裂筋と腸腰筋の関係性

2018.10.26

コメントは受け付けていません。

2018-10-26 05.57.48-2

今朝は金曜日でゴミ出しスタートとなる、オートバイで院から自宅へ向かうが手が冷たい、思わずグリップヒータースイッチオン

 

さすがに気温は低下11月の足音さえ聞こえそうだ、私も季節の流れに置いてきぼりされない様に前へ進む

2018-10-26 05.58.29-2

その寒さにも負けない様に白鳥も湖面へ浮かんだ、静かに水紋だけを立てながらこちらへ餌を貰おうか?近付いてくる

 

その水面下では足の水かきをしきりに動かしているに違いない、相当お腹や股関節周りを動かして痛みにならないんだろうかと要らぬ心配をした

 

 

 

 

 

|多裂筋の過緊張と腰痛

 

写真 2018-10-25 16 57 29

整体人間もんちゃんが仰向けで寝ている、良く見るとピンク色の部分へ隙間が出来ているのが分かる

 

時として腰痛の中でもこんなお方がいらっしゃる「反り腰」と言い多裂筋の過緊張である、動作痛はのけぞる事が痛みで出来にくくなる

2018-10-25 17.04.17

多裂筋は本来腸腰筋と対で動く筋組織と言われる、しかし何かしらの問題にて多裂筋だけ強くなる

 

時としてその要因は背骨のS字カーブを保つために働く、またそれを維持しようと頑張るあるいは腸腰筋の弱化によるバランスの崩れもある、やがて腸腰筋とのバランスを崩し腰が弓なりに反って痛みが出る

 

 

 

 

 

|自転車ペダリングと腸腰筋

 

2018-10-26 06.21.24

結局忙しくても自転車に乗る私、近所にある備後吉備津神社へ銀杏の様子を見に行く

 

まだ果肉が地面へ落ちているので踏まない様に気を付ける、そんな自転車散歩にも良い事がある

2018-10-26 06.20.21

自転車派の乗る際SPDシューズと言う嵌め具が付いた靴を履く、この事で引き足が使えるようになり踏む込んでペダルを回さなくて良い

 

お陰で腸腰筋は使われ強化される、正しく回せば相互関係である多裂筋過緊張を抑制、つまり腰に良いと考えるのだ

関連記事

コメントは利用できません。