ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

骨盤角度と腰痛

2018.10.13

コメントは受け付けていません。

2018-10-13 06.32.29

気温も低下して山際なら昨日8℃から今日は更に7℃になったそうだ、そうは言うがこの辺りは10℃位ではなかろうか、それでも寒い

 

今日の相棒は久しぶりのs-works tarmac、足元もカーボンホイールから山岳仕様にブレーキの効くカーボンからアルミホイールに交換

2018-10-13 05.25.10

こうしてバイクを交換して気分を変えれる、マンネリ化し早朝出るのが億劫になった際カンフル剤になる

 

これからが気温も寒くなり出不精になるだろう、しかし本当に今までやって来た事への真価を問うには良い季節

 

 

 

 

 

|直立二足歩行

 

いきなり何の事だろうと思われるかもしれない、自転車の際もダンシングと言い登り坂やダッシュなどパワーを要す場面で行う立ち漕ぎ

 

何がどうそうなのかと言うキーポイントの中、骨盤に目を向けたのはヒトは2足歩行で荷重を受けている事に由来する

2018-10-13 08.51.21

この画像は犬の骨盤と後ろ足を示す、赤線の様に骨盤が寝ているのが見受けられる

 

ヒトの骨盤は他の動物に対して類まれない直立だ、猿でもやや前傾傾向があるし言いかえれば一瞬は2足歩行も出来るが長くは続かない

2018-10-13 08.56.59

確かに2足歩行と言う特技を身に付けた代わりに他の生き物と異なる痛みを持ち得た、腰痛や肩凝りなど

 

直立故に重力から逆らい立ち続ける事により、背骨への悪影響も否めないこれをメカニカルストレスと言うが

 

 

 

 

|同じ姿勢で身体にダメージ

 

2018-10-13 06.08.30

同じ姿勢を長く続けるとメカニカルストレスが発生する二足歩行も良い事ばかりでは無い、故に分散する意味もあって早朝サイクリングを行い、関節包や筋組織を整え

 

更にはインナーユニットも活性化しつつるフレッシュを行う、それが私の1日のスタートでもあり健康管理の一端であり考えを書いた

関連記事

コメントは利用できません。