ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

足向きと痛み

2018.06.23

コメントは受け付けていません。

写真 2018-06-23 4 47 36

「おはよう!おはぎ」

 

今朝はもうすぐ雨が降るとの予報、AM4:30急いで散歩を済ませ自身の習慣へと流れる、案の定散歩から帰るや否や「パラパラ」音を立てながら梅雨名物が二人の身体を濡らす

 

 

 

 

|距腿関節が影響する足向きと痛み

 

2018-06-23 06.51.12

ところで先日から足関節で距骨下関節回内・回外について書いて来た(上図参照)、では実際にどんな時に痛みと関連してしまうのか?今日はそこを書く

 

良くO脚とかX脚とか言うがこれは距骨下関節の運動連鎖からも起こりうる動きの一例を書く、ちなみにこれは上行性と言い足元から上へ影響させるパターンで逆に骨盤以降足方向へ影響する下向性もある

無題

左:X脚(骨盤前傾位)右:O脚(骨盤後傾位)

 

特に右図の様なO脚は変形性膝関節症のお方に多い、ひざ内側への荷重を余儀なくされ半月板へも影響してしまう、足首付近の「距骨下関節」の向きが回外した際に影響する

 

図示でもあるが距骨下関節回外で股関節も膝も常に曲げ安定性に欠ける姿勢、やがて骨盤まで影響され猫背から首・肩の痛みはもちろん、膝痛や内側へ足裏が向く方向の捻挫(内反捻挫)など、トラブルが起きやすい状態である

2018-06-23 07.08.57

右膝前方から眺めた

 

この様な文面だと酷く膝が痛んだお方以外あまり関係ない様に感じるかも知れない、しかし日常にも問題あるシーンは沢山

 

例えば肉体的ストレス性変位に於いて距骨下関節が回外位だったとする、例えばその状態で立ち仕事を行うと膝内側へ荷重しやすいルーチンワークになる、やがて痛みになるかもしれないしそれは仕事以外に日常の歩行などもストレスとなる

写真 2018-06-23 5 13 24

はたまたスポーツでは自転車やランでも膝の痛みを訴えるお方がいらっしゃる、膝を軽く曲げ関節支持甘い状態で距骨下関節回外位にてペダルや地面を踏み込んだらどうだろう

 

大地を受け止めるのは一番に足底であり以降足首を伝わり上方へ受ける、だからこそその部分のケアも必要かもしれない、そこを機材で濁してしまうと後々混在した原因はより解くのに複雑、更に持ち得る筋力の全てを使えないから能力低下もありうる

 

 

 

|自身で出来る範囲

 

写真 2018-06-23 4 53 32

話は変わるが先日修理から帰ったオートバイ、快調では無いがそこそこ調子良い・・と言うのもヒトで言えばご高齢、走行距離も相当なものである

 

それを何とかでも問題なく乗れるまで整備してくれた車屋さんは流石プロである、ヒトの身体も判らないまま何とかしようとする前に相談すべきとの教えかも知れない、自身で出来るのはその前の段階で予防でありストレッチで偏った骨位置から戻す事である

関連記事

コメントは利用できません。