ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

シャワーサイクリング

2018.06.12

コメントは受け付けていません。

2018-06-12 04.52.13

シラサギが何処へ行くのかまるで急いで飛んでいるように見えた、呑気なおはぎと私は雨がやんでいる事で喜ぶ

 

昨日ずぶ濡れで散歩故にシャンプー、いい匂いを出来るだけ長持ちさせたく今朝は濡れない安堵

2018-06-12 05.32.16

勿論ウエットな朝はMERIDA TFS900 MTBが相棒タイヤもこの時はドライ、この後まさか・・・雨に出会うとはつゆ知らずいつもの山頂を目指す

 

6-11%お決まりのアウタートップで心拍を130-150bpmに保つ、休むダンシングで大腿四頭筋や二頭筋などの下肢の筋肉を総動員、平地では考えられないくらい踏んで登る

2018-06-12 05.37.05

以前は左膝に違和感を覚える事もあった、しかし現在大腿の直径も左右差が5mm程度に治まり筋力復活、左右差も少なくなると重いギヤを踏み込んでも何ら問題ない

 

やはり今までの左膝アクシデントは筋力左右差からの問題、そう検証の中で証明されたのかもしれない

 

 

 

|ついに来たその時!

 

2018-06-12 05.41.47

山頂付近へ差し掛かった時、梅雨のガスとは異なる向こう側の山稜線も不明瞭、そう・・低い雨の雲がかかっているのが見えた

 

ここまで来たらもう腹を括るしかないのだ、この時期だから濡れてもさほど寒く無いのが救い

2018-06-12 05.48.39

「パラパラ・・・ザー」

 

小雨と言うほど可愛いものではない、音を立てて私とマウンテンバイクを容赦なく叩いた、あっという間にお風呂へ入った状態で久しぶりの感覚

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もうこうなったら楽しむしかないと思ったら視界に紫陽花が飛び込む、こんな招かざる雨も可憐な命には恵みでもある、立場が変われば受け入れ方もこんなに変わるものだと思いふける

 

来院者様に対してもそうで・・・こちらからお伝えする事や意味、それが受けとられる感覚も異なる事も重なる気付き、術後のアフターケアについても私自身の目線で簡単にに実施できるものしかし来院者様には重い、だからこそ目線を落としたったひとつだけ必要かつ効果的を今一層伝えるべきである

2018-06-12 06.08.52

さぁ雨は長居無用で帰ろう、そう言えば今日は足元はサンダルでカジュアルスタイル

 

ずぶ濡れになった足元を眺めながらSPDシューズでなくて良かったと呟く、「野生の勘」娘に良くからかわれる私であるが今日も雨の予感がしてたのか?何の気ない服装チョイスも功を奏した模様

関連記事

コメントは利用できません。