ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

喜びチャレンジ原動力

2018-05-28 05.26.41

「バイクに釣竿」

 

昨日遊びに行った荷物積載でバイク出勤、月曜日打って変わり曇り空は週末の天気予報では今朝既に雨、しかし確認したところ明日火曜日に降り今の所は大丈夫合羽を着なくて済む安堵

2018-05-27 06.04.35

遊びに行くと言えば日曜日は孫や家族にお暇貰い海へ鱚釣りに行く、本土からしまなみを介してとびしま海道の弓削島へ

 

ここは20年来キスと言えばここの島へ渡りクーラヘ荷を詰め込む、しかしながら昔よりかなり釣れなくなった・・・と言うのも理由がある

2018-05-27 09.46.03

砂浜整備で護岸や人工浜の造成で潮流が変化、自然の岩場も無くなり産卵場所でもある海藻がなくなった、昔は海水浴で訪れた際水中眼鏡で海中を眺める

 

するとキュウセンベラや23cm位の鱚が浅場にまで来て泳いでいるのが見れた、今はどうだろうか?また今年の夏孫を連れて海水浴の時にでも見てみよう

 

 

 

|初めての背開き

 

2018-05-27 16.31.21

数えないが20匹くらいはいたと娘に後から聞いた、と言うのは彼女が捌き料理をしてくれた

 

「初めての背開き」である、今回刺身と天ぷら&骨せんべいを作り食卓を賑わせた、メバルを捌いたことはある・・・鱗を落としエラと内臓の処理まで、しかしやや細身の鱚を背開きにするのは彼女にとって至難

2018-05-27 18.38.46

結果的に刺身は無理なので私が捌き、以外は全て彼女が手を焼いた・・・てんぷらは身が薄くなり骨せんべいがスペアリブくらい身が残る

 

しかし2歳の孫が親の心配をもろともせず骨せんべいをパリパリ、口へ頬張りながら喜んだから母性本能をくすぐられた娘は満面の笑み、喜びは次回のチャレンジに繋がる原動力と娘の逞しくなった背中眺める

 

 

 

|次回ひとりでは行けない?

 

P4296359

海言えば孫が大好きな場所でもある、じぃじが魚を釣って来た→海へ行く→僕は置いてきぼりと悟る、知恵もつき賢くなったものだ

 

硬めの骨せんべいをバリバリするくらい歯も顎も強く成長、勿論脳も成長当たり前・・と言うのは今年の海水浴用のサンダル、これを履いて自分も行けると思い込む、釣りから帰宅後ビーチサンダルで部屋を徘徊する奇妙な孫、その理由を娘に聞き胸が痛いんだ

2018-05-27 12.19.37-1

「チビ」と言えばアナハゼ君もおいでになった、どの魚も釣りたてはキラキラして太陽にほだされると宝石のように綺麗だ

 

もちろん赤ちゃんはおいでになったが海へお帰り頂く

2018-05-27 07.47.30

さぁストレス発散もした、美味しい娘の手料理も食べた

 

今日もどんな来院者様に出会うだろうか、エネルギー充填したので本日も快調なのだ

関連記事

コメントは利用できません。